【デブ VS ライザップ】35万払ってもリバウンド?3つの論点から考察

ダイエット/食事管理
スポンサーリンク

みなさんコンビニって知ってますか。


僕はコンビニに行っていろいろな罪深い商品の成分表示を見ては

脂質爆弾じぇねーか!ハハッ!!

って心の声で罵って周るのが趣味でして。


特に菓子パンを買おうとしている人の隣に立って


本当にこんな時間にこんなヤバイヤツを食べてもいいのかな…?


僕は食べるけどね…!チートデイだから!ケケケ!


ってプレッシャーを与えるのが大好きです。


こんばんは、おはようございますの鯖です。よろしくお願いします。


ちょっと前ほどではないにしろ、コンビニにはある企業の商品がいっぱい並んでいますよね。

そう、ライザップ


もう、あのCMのセンスには脱帽よね。

※ちなみにポッコリお腹に見えるように映るコツってのがあるので、ライザップに限らずCMや広告を何でもかんでも鵜呑みにするのは危険です。


前に某箇所で、

ライザップに35万払ったのにリバウンドした!詐欺だ!

という書き込みを見たことがありまして。


そこで『本当にライザップって悪なのかしら~』って思い、ちょっといろいろ調べてみました。本当にちょっとだけど。


というわけで、今回は3つの点にフォーカスし、僕なりの意見を書かせてもらおうかと思います。


始めに言っておきますと、僕はライザップを利用したことはありません。

HP、広告から得られる情報や、実際に利用したことのある知人の声などを頼りにって形になりますので、あくまで一個人の意見として読んでいただければ幸いです。


スポンサーリンク

デブ VS ライザップ

それでは早速1つ目の論点から。


1.リバウンドについて

確かに痩せたけど、食生活を元に戻したらリバウンドした!

って人、結構いるみたいですね。


なるほど…まぁこれに関しては


そりゃそうよ。


としか言えない。

もう自分で答え書いちゃってるじゃんっていう。


そりゃあいくら1回痩せたところで、太ってた頃の食生活に戻したら、そのときの体型に戻るのは当たり前ってもんです。

コーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実なことです。


長期間トレーニングで筋肉量を増やしたりして、基礎代謝が大きく変化しているのであれば多少は太りにくくはなりますが、何をどんだけ食っても太らない身体に数ヶ月で変わるなんてことは、通常ありえません

リバウンドしたのはライザップがその人に罪深い飯を食わせたんじゃなくて、自分で食ったからです。


つまりは、

リバウンド、それは心の甘えがもたらした罪

っていうことですね。


プログラム終了後のケアや、糖質を摂り始める際の説明がどれだけあるのかは不透明ですが、もしその点がしっかりしているのであれば、この点に関しては、完全にライザップに軍配が上がるかなって。


2.料金について

HPをぴゃって見た感じ、一番スタンダードなコースはシェイプアッププログラムのようでした。


お値段はこんな感じ。

シェイプアッププログラム(トレーニング2回/週)

回数金額(税別)期間
16回298,000円2ヶ月
24回432,000円3ヶ月
32回560,000円4ヶ月

※入会金:50,000円(税別)

・リバウンド保険付き
・ボディマネジメントプログラム:29,800円(税別)月に2回


同価格の別のコースもありましたが、たぶん一番安くてこの価格帯


まぁ決して安くはないよね。

っていうか高いよね。


僕が1ヶ月で10kg減量したときは、どこにも1円たりとも払ってないわけだしね。


ただ、この値段だけを見て、

たっけー!詐欺じゃん!

って判断するのはちと気が早い。


■料金の元を取る方法

この値段が結果的に高くなるか妥当なものになる(安くはならない)かは自分が何を買ったかを見定めることにあると思います。


僕が思うに、この料金の元を取る方法はただ1つ。


知識を買ったと理解する


ブーンチ!ブーンチ!!


35万払って言われるがまま過ごし、数ヶ月だけ痩せた身体を手に入れた

だとぶっちゃけ高い。高すぎる。金の無駄無駄


35万払ってボディメイクの知識を買った。その知識を活かして健康的にスタイルを維持できるようになった

って考えるとそこまで悪くない。知識は一生もの、腐らない。身体もオラオラ


つまり、この2つ目の論点において僕が言えることは、

料金が高くなるか妥当になるかは自分次第

ってとこでして、この点に関しては両者引き分け。


ちなみにライザップ公式で売ってるプロテインはぶっちゃけ高すぎです。

国産プロテインだったらビーレジェンドの方が何倍もオススメです。


3.トレーナー、プログラムの質に関して

でも鯖は無料でその知識を得たんでしょ、じゃあやっぱ高いじゃん

って思った人はまぁ落ち着け。


その気持ちは分かるが、なんで一度に説明しないかというとブログというものには項目が複数必要だからだ。

ブログ事情に免じて許してください。


・トレーナー

知識を得て、実践する。

っていうのを個人でやるのは結構エネルギーと時間、何より精神力が必要なもの。


僕は自分の身体で様々なことを試す過程で『糖質入れた方がええわ』とかいろいろ分かったことも多いのですが、みんな違う人間で違う身体なので、誰しもが同じ方法で上手くいくとは限らない。

それぞれのライフスタイルもありますしね。


そういったことを補完してくれるのが、各社のサービス、トレーナーのみなさんってことになりますよね。


元ライザップメンバーで、創設者の1人である方のYoutubeとかを見ていると、やべぇ肉体と確かな知識を持っていて、めちゃくちゃ丁寧でわかりやすい。

そのことから予想するに、きっと元々のライザップメンバーは優秀な方が多かったんだろうなって。


ただ、組織がデカくなればなるほどいろいろな人が所属することになりますし、末端までクオリティを維持するのは非常に困難ですよね。


ライザップ利用者の声の中には、『人格否定された』なんて声もあったり。


ダイエットというものは精神的にキツくなりがちなので、トレーナーと名乗りお金を貰っている以上、心をケアすることも仕事の1つであってほしいし、ディスるなんて以ての外。


そして、ただ指示を出すだけではなく、

・このダイエットはどういう理論なのか

・どういったメリット、デメリットがあるのか

などをちゃんと説明、相手に理解してもらってこそ、本当のトレーナーだと思います。


もし、本当に人格否定してくるようなトレーナーがいたり、その人の実績もわからないようなトレーナーに指導をされる可能性を考えたら、

35万でSSRトレーナー確定ガチャ引かせてくれや。

って僕だったら感じちゃいます。


・プログラム

HPや利用者の声を聞くかぎり、ライザップはケトジェニックダイエット(糖質制限)を推していますよね。


一応ケトジェニック推奨だけど、カウンセリングをした上で、複数のダイエット法からその人にあった方法を提示、選択させてくれたりするのであればめちゃくちゃいいと思います。


しかし、もし、誰これかまわずケトジェニックを勧めているのであれば、ちょっと注意が必要だと思います。


前に記事に上げたように、ケトジェニックは体質的に合わない人には本当に合わないですし、メリットもデメリットもあるダイエット法なため注意が必要です。


この3つ目の点に関しては、プログラムの自由さはさておき、トレーナーのランダム性を考えると、もうちょっと消費者を気遣ってほしいかな、といった感じ。


番外編:コンビニ商品

僕ね、1回だけライザップ商品買ったことあるんすよ。

あのなけなしのチキンみたいなヤツ。


確かPFC的には優秀で、味はなけなしのチキンみたいな味なヤツ。


ケトジェニック推しのライザップなため当然糖質低めだよ!って感じのパッケージでいろんな商品売ってるんですが、


なめらかチーズケーキ

  • エネルギー:244kcal
  • 糖質:9.9g
  • 脂質:20.8g

ミニチョコチップスコーン

  • エネルギー:241kcal
  • 糖質:16.9g
  • 脂質:13.4g

いや脂質たけーよ。


なんなら糖質もわりとたけーじゃん!!!


『ライザップが出してるから食ってもいいっしょ』って軽い気持ちで食うと死ぬぞ!(死なない)


ワナだぞ!ワナ!!

パーフェクト・トラップ!!!!


上の2つは名前的にいかにもヤバそうなもの適当に選んでみたんですが、ちゃんとPFC的に優秀なものも出てるはず。(たぶん)


しかしながら、カロリー制限法を実施中の人は論外、ケトジェニック中の人でも余裕でアウトみたいな商品もあるので、ちゃんと栄養成分表示確認してから自己責任で食べましょう。


普通のデザートとか食うよりマシっしょ!って割り切って食べるのであれば、それもまた人生。

こんだけ脂質とか糖質ぶち込んでれば普通においしいはず。


脂質は幸せの味。


■総括

だらだら書いてきましたが、考察の結果は1勝1敗1引き分けという結果に。

つまり、ライザップを利用して成功するか失敗するかは、


その人次第


かなって!


ふざけんなって感じる人もいるかもしれないけど、


ダイエットなんてそんなもんだよ。


リバウンドする人は絶対食ってるし、飲食店の店長は絶対女性バイトに手出してる。

 ―by 鯖(おはようございます)

かゆい
うま