【ここがヘンだよ新潟人】新潟出身のバンドマンが選ぶ新潟の変なところ5選

雑談
スポンサーリンク

団塊世代以上の新潟人、全員田中角栄大好き。


どうも、おはようございますの鯖です。よろしくお願いします。


僕は新潟出身なんですけど、1回も新潟でライブしたことなくてですね。


バンドマンとしては結構ツアーでいろんなところを飛び回るような活動でもしていない限り、なかなか新潟でライブする機会ってないですし、旅行で行く人も街を観光するっていうより、スノボ目的で山に行くくらいなのかなって思います。


そんなこともあり、他県の人からしたら、新潟については以下のようなイメージがちょっと頭の片隅にある程度だと思うんです。


  • 酒(これも米)
  • NGT48(運営から『新潟はスラム街』認定されたけど)

こんな感じですよね。


ちなみに某運営から『あの事件は新潟がド田舎すぎるスラム街だったために起こった』みたいなことを言われてしまいましたが、確かに紛うことなきド田舎ではあるものの、治安は別に悪くないので安心してください。


というわけで、今回は新潟に住んでたことのある人でしか知りえない、新潟のちょっと変わったところを紹介しようかと思います。


減量でも映画でもなく、なんで急にこんな話になったかっていうと、それはもちろんネタ切れだからです。


スポンサーリンク

「ここがヘンだよ新潟人」5選

■本気でつちのこを探している団体がある

「つちのこ探検隊」っていう方々なんですけども。


日本が誇るかの有名なUMA「つちのこ」を、世界で初めて捕獲するために毎年ガチで探しているみなさん、それこそが「つちのこ探検隊」

つちのこを生存した状態で捕獲した場合の賞金は、なんと


1億円。


協賛企業や団体もちゃんと複数いることから、捕まえたらガチで1億もらえることでしょう。


捕まえたら。


2019年で第14回を迎えたとのことですが、残念ながら未だ捕獲歴はなしの模様。

(c)2019 つちのこ探検隊実行委員会

残念!つちのこ発見できず!来年こそがんばるぞ!


この毎年恒例のキャッチフレーズ(?)での結果報告が、地味に楽しみだったりする。


隊員並びに会員・協賛企業・団体募集中とのことなので、皆さんもぜひ奮ってご参加ください。


※ブログで紹介していいか確認させていただいたところ、快くご承諾いただけました。
 誠にありがとうございます。


■「ホモソーセージ」という商品が売っている

ガチで“ホモ”ソーセージである。


そこら辺のスーパーで陳列棚にめちゃくちゃ並んでいる。


今は知らないけどかつてのCMは、胴着を纏ったショタがなぜか浜辺で空手の型を演じつつ


ショタ『えいっ!やぁ!たぁ!』


効果音さん『ふぉふぉんフォンフォンフォン!!』


ショタ『えいっ!』


効果音さん『ふぁっフォウ!』


中略


ショタ『もう一本!!』(意味深)


というもの。


完全に狙ってますわ。

ショタを採用するとか悪質すぎるわ。


問題の商品名の由来ですが、「均質化された」という意味の英単語“homogenized(ホモジナイズド)”から来ていて、「魚のすり身を全体が均質になるよう、よく混ぜ合わせた生地を使用していることを示している」とのこと。


絶対嘘だわ。

言い訳が苦しすぎるわ。


※唐突ですが、男性の同性愛者を表す言葉は、ホモではなくゲイという言葉を使いましょう。


このホモソーセージなんですが、調べてたら長野の商品らしいですね。

CMもめっちゃ流れるし、どこのスーパーでも売ってるからてっきり新潟の誇りだと思っていたのに、実は長野のものだったなんて割と本気でショックです。


ちなみに、逆に新潟にしかない商品で意外だったのが、

Copyright(c) SEIHYO CO.,LTD. 

このかき氷をそのまま固めたようなヤツ。


その名も「もも太郎」


イメージ的にはサイズが全然均等化されてなくガッタガタで、ちょっとびちゃびちゃなガリガリくんだと思ってください。


■『血液型何型?』って聞くと『ニイガタ』って答えるオッサンが大量発生する

これはマジ。


新潟に遊びに行ったときにチョケたオッサンと話す機会があったら、ぜひ血液型を聞いてみてください。

『ニイガタ』って答えるドヤ顔を見てイラっと来ても、彼ら的には心の底から面白いと思っているかもしれないので、暖かい目で見てあげてもらえると嬉しいです。


■だべってると突如『スロット行こっか!』って言われる

新潟人と遊んでいると、カフェでもファミレスでも、終電迫る居酒屋でさえ

『スロット行こっか!』

と突如言われて『今から!?』って経験ある人いないでしょうか。


これはもちろん、スロットに誘っているわけではなくて新潟の方言がそう聞こえているんですね。

実は、「スロット」じゃなくて「そろっと」って言ってます。


この「そろっと」っていうのは「そろそろ」という意味なので、要は「そろそろ行こっか」っていう意味ですね。


ちなみに僕の周りでは「そろっと」って言う人もいましたが、「よろっと」って言う人の方が多かった気がします。

「よろっと」も意味は同じですが、上京したとき全然通じなくて『なんでヨット?』って言われたことが結構ありました。


■なんでもカレー味にするくせに、カレー専門店は少ない

カレー味の唐揚げがメジャーだったり


クリスマスのチキンもカレー味だったり


突如ご当地グルメとして売り出したのもバスセンターのカレー


そんなにカレー押しなのに、インドカレー屋含めて路面のカレー専門店は少なめ。


理由は知らない。


カレー味の唐揚げは好きでも嫌いでもなかったですが、カレー味のローストチキンはめっちゃ美味いです。


■まとめ

何も得ることのない記事でしたが、新潟人と知り合ったときの話のネタにでもなったら幸いです。


最後につちのこの特徴を転記しておくので、もし目撃したり写真を撮ったり、なんなら捕獲したら「つちのこ探検隊」さんにご連絡ください。


  • 普通のヘビと比べて、胴の中央部が膨れている
  • 2メートルほどのジャンプ力を持つ
  • 高さ5メートル、前方2メートル以上との説や、10メートルとの説もある
  • 日本酒が好き
  • 「チー」などと鳴き声をあげる
  • 歯はすきっぱである
  • 非常に素早い
  • シャクトリムシのように体を屈伸させて進む、尾をくわえて体を輪にして転がるなどの手段で移動する
  • いびきをかく
  • 味噌、スルメ、頭髪を焼く臭いが好き
  • 猛毒を持っているとされることもある

※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


かゆい
うま