ジムでダンベルを持つ前に知っておくべき、誰でも守れる10個のジムマナー

筋トレ
スポンサーリンク

みなさん。


ダンベル何キロ持てますか?(便乗)


何はともあれフィットネスブームですね!


アニメも流行ってるしね!!


ダンベル~」面白いですよね。


僕は夜叉さんとジーナが好きです。(東山さん、いっつも外国人キャラやらされてんな)


〇ーチン『とにかくがんばれ』


こんにちは、おはようございますの鯖です。よろしくお願いします。


この前実家帰ったときに兄ちゃんとビジターで区営ジムに行ったんですね。


そのとき、ディップススタンドに挑戦しようとやけに頑張ってる2人組がいて、『珍しいな~』って思ってたらダンベル~ディップスを紹介してるのを観て理由がわかりました。

ディップスは胸トレにすごくいい種目なんで、みなさんもぜひやってみてね。


アニメでも言ってたし、ジム通ったことある人はわかると思うんですが、ジムって夏めっちゃ混みますよね。

かつ、アニメの影響とフィットネスブームが重なっていることもあり、今は当然の如く激混みだということで。

これから秋なのでどんどん利用者も減っていくとは思うんですが、まだまだしばらく混むことは必須でしょう。


そんなときに問題になってくるのが、ジムを利用するときのマナー


アニメが流行る前から、夜間はスタッフがいない24時間ジムの普及もあり、マナーが悪くなってきたって話をよく聞きます。

僕も数か月前に久しぶりにジムに行ったとき、マナーが悪すぎて発狂しそうになりました。


ぶっちゃけ僕は最近全然ジム行ってないんですけど、それでも最低限のマナーは知っているつもりです。


というワケで今回は、全然ジムに行かない僕でも知ってるような超初歩的マナーについて書かせていただきます。


今から書くことを守ってもらえれば、スゲエサムにダンベルで撲殺されることもないでしょう!

これからジムに行こうと思ってる人や、ぶっちゃけマナーとか何も知らんって人はチェックしてみてください。


スポンサーリンク

ジムでダンベルを持つ前に知っておくべき、誰でも守れる10個のジムマナー

■マシンの使用後は汗を拭く

ジムにはいろんな器具や備品がありますよね。

マシン、ダンベル、マットなどなど。


そういったものを使用した後は、

必ずついた汗や体が触れた箇所を拭きましょう。


ウェイトトレーニング系のマシンの場合は、マット(?)部分とかグリップの部分ですね。

トレッドミル(走るヤツ)では周りに飛んだ汗などなど。


マシンには絶対に小さい汗拭き用タオルやウェットティッシュなどが備え付けてあるので、それを使用しましょう。


自分のタオルを使う必要はないっていうか、たぶんそれで一生懸命マシンを拭いてると変な目で見られます。

あまりに自分の汗の量が多いと自覚している人は、少し大きめのタオルを持っていって、体が触れる部分に予め敷くのもアリです。


『オレ汗かかないから拭かなくても大丈夫でしょ』

って思う人もいるかもしれませんが、本当に汗が付いていなかったとしても、次に使う人からしたら非常に不愉快なので、まぁそこは素直に拭いといてください。


それに加え、この「マシンをタオルで拭く」という過程は、マシンが空くのを待っていた人に対して、『このマシンを使い終わりましたよ』っていう合図にもなったりします。


ちなみにダンベルやバーベルについては賛否両論かもしれませんが、水不足の難民を救えるんじゃねぇかってくらい手汗をかく人は、さすがにちゃんと拭いた方がいいかなって。

僕は全くと言っていいほど手汗かかないけど、それでも必ず拭くようにしてます。


■使ったものはちゃんと元の場所に戻す

ダンベル、バーベル、プレート、その他もろもろ。

使用後はちゃんと元の位置に戻しましょう。


こんなん常識じゃねーかって思うかもですが、本当にこれができない人が多いです。


余談ですが、HMVでバイトしてたとき、一回カゴに入れたCDを全然違うところに戻すヤツがめちゃくちゃ多かったんですが、アイツらはホント右手と左手逆に付け替えるとかそういう罰受けてほしい。


■マシンに座りながらスマホをいじらない

コレもめちゃくちゃ多いです。


そしてめちゃくちゃ嫌われます。


一瞬ポケットから出して聴いてる曲を変えるとか、トレ内容記録するとか、数秒の操作ならまぁ大丈夫だとは思います。


しかしジムによっては「マシンに座りながらのスマホ操作禁止」をルール化しているところもあるので、十分注意してください。


■長時間休憩するときはマシンから離れる

そんなこと言ってもセット間が退屈なんだけど

みたいな場合。


退屈になるほどの長めのインターバル(セット間の休憩)を取りたい人は、一度マシンから離れましょう。


平気で10~15分間くらいマシンに座りながら休憩してる人がいたりするんですが、その10分で別の人が3セット組んだりできるんですよね。


オレは精神集中しているから退屈なぞしていない。

だからインターバルはたっぷり15分間とる。

3セットで使用時間は45分間だ。文句はあるまい。


みたいなのもさすがにダメでしょう。


忙しい中ジムに通っている人もいるので、インターバル関連以外でも、

長時間何かを独占するような行為はしないようにしましょう。


どうしても長時間インターバルとりたい。マシンからもどきたくない。

って場合は空いているジムや時間帯に行くしかないかなって。


スミスマシンなどの人気なマシンは予約制だったり、時間制限が設けられている場合があるので、特に要注意です。


■適切な服装で行く

運動する場所へは、運動に適した服装で行きましょう。


なにもNIKEやadidasのような、ガッツリスポーツウェアを用意する必要はありません。

ユニクロのようなファストファッションのショップで買える、Tシャツやスウェットでも十分です。


  • 裸足
  • サンダル
  • ジーンズ
  • その他運動に適さない服装

アウトです。


■不潔な状態で行かない

マシンも!


ロッカールームも!


ジム内全体が臭くなるから…!


くっせー状態で来るんじゃねぇ!!


いやこれジムどうこうじゃなくて、臭い状態で外出すんなよって話なんですけども。


ワキガのような体質からくる臭いじゃなくて、風呂入ってないオウチレス系の臭いの話ね。


あとは離れてても臭いレベルの酒臭タバコ臭もご遠慮願いたい。

この前、明らかに酒が抜けきっていない状態で来ている人がいたんですが、危ないわ臭いわで、いろいろ最低なのでホントやめてほしい。


有酸素でもウェイトトレーニングでも、普通に生活してるときより空気いっぱい吸うじゃないですか。


その空気が臭かったりしてみなさいよ。

それってばものすご~く嫌じゃない。


ってな話。


■トレーニング中の人に安易に近づかない

ジムによっては、すっごく狭いとことかありますよね。

マシンとマシンの距離がすれ違えないくらいの間隔しかないとか。


ジム内では音楽を聴いている人も結構多いと思うので、少し注意散漫になってしまった結果、トレーニング中の人にぶつかって大ケガ、みたいな可能性もゼロではありません。


そのため、特に軌道が不安定な種目を行うフリーウェイトエリアや、高重量を扱うことの多いパワーラック周辺を移動する際は、より注意するよう心がけましょう。


ウェイトトレーニング系の1セットの時間なんて長くても1~2分なんだし、近くを通ったら危ないと感じるような場合は、セットが終了するまで待つことを推奨します。


■マシンの前に人がいるときは一言声をかける

人気のマシンありますよね。

ラットプルダウンとかスミスマシンとか。


特にラットプルダウンは初心者から上級者までみんなに人気で、どこに行っても混んでいるイメージがあります。


マシンがなかなか空かなくてちらちら⇒前に使っていた人が立ち上がった!⇒よっしゃ使おう!

となる前に、一瞬冷静になって周りを見てみてください。


さっきまで使っていた人がマシンから一歩離れているものの、明らかに待機している場合があります。


そのときの状況にもよると思いますが、これは恐らくマシンに座ったままではなく、一回立ち上がってセット間のインターバルをとっているマナーの良いマッチョという可能性が高いです。


ぶっちゃけインターバル中なのか終わったのか分からない場合、いきなりマシンを使い始めるのではなく、

『使っていいですか?』

と勇気を出して聞いてみましょう。


また、明らかにインターバル中だけど待機時間がちょっと長い、自分も時間がないから使いたいって場合は、

『もしインターバル(レスト)中だったら1セット使っていいですか?』

とか一言声をかけてましょう。


断られる可能性もありますが、快く承諾してくれる人も多いと思います。

もしインターバル中に使わせてくれた場合、使い終わったらちゃんと重りを元の負荷に戻すことも忘れずに。


■飲み物は蓋つきのものにする

カン タオレル コボレル ヌレル アブナイ。


ジムの自販機で普通に缶の飲み物も売ってるとは思いますが、

トレーニングルーム内はペットボトルやシェイカーに入れたものを飲みましょう。


というかマナー以前に缶だと倒れないか気が気じゃないし、いろいろ不便ですしね。


■若い女性がいてもじろじろ見ない

ぶっちゃけバレてるぞ!


男のケツもジロジロ見ちゃダメだ!!


■まとめ

ジムマナーの話ではないのですが、もう1つすごく重要だなって最近感じるのが、

自分が得た知識が全てだと思い込まない

ということ。


トレーニング周りや健康面での理論ってどんどん新しい情報に更新されていきますし、トレーニングの方法に関しても正解は1つじゃないことが結構多かったりします。

プッシュアップ1つをとっても様々なやり方があるように、みんないろいろな方法や目的でトレーニングを行っていますよね。


もしトレーニング中にジムのスタッフさんにやり方などを指摘されたりした場合、

『オレが好きなマッチョが言ってた方法と違う!お前は間違ってる!』

と決めつける前に、疑問に思ったことなどを聞いてみましょう。


もしかしたら正しいフォームや、新しい種目とかを知る良い機会になるかもしれないので!

※実際、間違ったこと言ってくるスタッフの人もいるけどね。


話はジムマナーに戻りまして。


特に難しいことはないですしローカルルールでも何でもなく、ぶっちゃけ「自分がやられたら嫌なこと」をしないようにすればいいだけです。


バンド活動でもたまに耳にする『初めてライブに行くんですが、気をつけた方がいいことありますか?』っていう質問と一緒ですよね。


他人に迷惑をかけない

自分がされたら嫌だと思うことをしない


これだけです。


あと


パンツを盗むな


かゆい
うま