映画

普通の映画レビュー

超難解映画『ドニー・ダーコ』から考察するタイムトラベル論【ネタバレと解説】

超難解映画『ドニー・ダーコ』。公式資料『タイムトラベルの哲学』の翻訳内容を基にネタバレ解説と考察をしていく。エンディングの意味、グレッチェンだけ記憶が残っていない理由、ロバータの行動の考察など。意味不明だった人の助けに少しでもなったら嬉しいです。
B級映画レビュー

大人気Vシネ作品『日本統一』ケンカ最強ランキングTOP5

最近ハマっているVシネ作品『日本統一』。演出も音響も低予算丸出しだけれど、なんかついつい観ちゃう。「映画観すぎてついに感性おかしくなったんちゃうか…」って思われそうだけど、『日本統一20』までの登場人物の戦闘力を完全個人主観でランク付け。
おすすめ映画紹介

『明日、君がいない』大好きだけど辛くて1度しか観れない傑作映画

自殺によって「明日、誰かがいない」というのはどういうことなのかを考えさせられる名作。『自殺の末路にある恐怖や苦しみ』、『死の先にあるのはただ ”無” である』ということについて注視する人がもしいたら、その人とは美味しいプロテインが飲めそう。
スポンサーリンク
B級映画レビュー

海外版約ネバっぽい映画『レベル16』/少女たちの○○を売買する

『約束のネバーランド』に設定が似てるSF・サスペンス映画『レベル16 服従の少女たち』のレビュー。ヴィヴィアン役の主演ケイティ・ダグラスの魅力が光る。というかそこしか光ってない。
B級映画レビュー

『征途-英雄へのバトルロード-』中二炸裂のMMORPG実写化作品が割と面白かった

同名MMORPGの実写化映画『征途-英雄へのバトルロード-』。チームメンバーと鎖で繋がれた状態で戦うとか、チュー兄貴の権力者への復讐だとか、もう途中までグラディエーターのパクリじゃんって感じだけど、なんだかんだ最後まで楽しめる秀作。
B級映画レビュー

ショボい方の『ネイバーズ』ジョシュ・スチュワート主演スリラー映画

『ソウ』シリーズの~ってキャッチコピー多すぎ問題の一角である『ネイバーズ』をレビュー。主演のジョシュ・スチュワートの役どころのせいで『ワナオトコ』『パーフェクト・トラップ』との既視感ハンパないけど、まぁまぁ楽しめる覗き系スリラー映画。
B級映画レビュー

邦題とジャケットのせいで埋もれた名作と噂の『残酷で異常』を観てみた

邦題とジャケットのせいで埋もれた名作と噂の『残酷で異常』だけど、個人的には少し物足りなかった印象。ループものとして個性は出てるし脚本はすごくいいと思うので、エドガーの描写さえしっかりしていれば本当に隠れた名作になっていたかも。
普通の映画レビュー

Netflix映画『オールド・ガード』をFate目線でオタクが考察してみた

不老不死の能力を持つ戦士の戦いを描くNetflix映画『オールド・ガード』。不死の能力の秘密をFate(TYPE-MOON)世界における「抑止の守護者」と照らし合わせて考察してみる記事。主人公たちよりもクイン(ベロニカ・グゥ)の方が人気が出そう。
B級映画レビュー

『リーサル・ゲーム』ソウとバトル・ロワイアルをレンジでチン映画

手放しで評価するレベルではもちろんないけど、だからと言って駄作かっていうとそうでもない…『ソウ』を雑にパクって隠し味に『バトル・ロワイアル』を振りかけて、レンジでチンしたかのようなインドネシア映画『リーサル・ゲーム』の感想と評価。
B級映画レビュー

Netflix『呪われた死霊館』邦題詐欺映画のネタバレと評価

「死霊館って書いとけば、死霊館シリーズと勘違いして観るヤツいるっしょ」ってノリの邦題詐欺映画『呪われた死霊館』。当然死霊館シリーズとは無関係。主人公がものすごくムッチムチなので、ムッチムチな女性が泣き叫ぶのを観たい人にはオススメ。
スポンサーリンク